FC2ブログ

Adaptive Unwrapping for Interactive Texture Painting

3Dペイントシステムのための適応的なテクスチャ展開手法
 
日本語ではこういうらしい.
 
 
情報処理学会,延いては卒研のために関連研究の洗い出しを再開.
基本的にはミーティング時に先輩が挙げたものをざっと見ていく感じ.
 
 
というわけで1本目は表題のとおり.
 
2Dから入力,3Dモデルへの描画ですが,
表題にもあるとおり効率的なUVマッピングの展開手法,
といったかんじで私たちの研究の関連研究に載せるには方向性が違ったり・・・.
(動画があがってるので,それを参考に.)
 
やってることは面白い,しかし微妙に古い.
この考え方も今のシステムに組み込んでもあまり改善は見込める気がしない・・・
 
参考文献
[1] Takeo Igarashi, Dennis Cosgrove: "Adaptive Unwrapping for Interactive Texture Painting" 2001 ACM Symposium on Interactive 3D Graphics, I3D2001, Research Triangle Park, NC, March 19-21, 2001.

2008/11/05(水) | 研究 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://acquarellatura.blog25.fc2.com/tb.php/152-68d65618
 |  HOME  |