スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

neckなpoint

先週から続く首の痛みが引かないので,今朝病院に行ってきました.
 
受付を済ませ,整形外科の診療室の前で待機.
 
 
問診表を書いて数分後.
 
/****
自:おいら
医:整形外科のお医者さん
写:レントゲン写真担当の人
****/

 「首が痛くて動かせないです」
 「左右は?前後は?」
 「後ろは全然無理ですね」
 「手足のしびれは?」
 「とくに・・・」
 「寝違えか,骨にできものができてるか,はたまたヘルニアか・・・.とりあえずレントゲンとって見よっか」
 
レントゲン室へ・・・
 
 「前向いて,横向いて,上向いて」
 「無理です!」
 「できるだけ頑張って」
 (全然できていないのを痛感するも,精一杯頑張る)
 「下向いて,ハイ終わり」
 
再び診察室前へ.

 「これは,首の左右の筋肉のバランスが・・・かも(以下忘れた)」
 「・・・」
 「とりあえず1週間様子見ようか,お薬出しときます」
 「・・・」
 「湿布もだしとくから,寝る前貼ってね,でも起きたらくしゃくしゃだけどね(笑)」
 (とりあえず笑う,しかし笑うと首が痛む・・・)
 
 
要約すると
・とりあえず経過観察
・手足のしびれはヘルニアの予感
・前かがみの作業は避けるように
・1週間痛みが引かないようならヘルニアの可能性が ⇒ MRI行き
 
 
オーバーワークが過ぎたか・・・.
とりあえず,できることを少しずつ進めることにします.
スポンサーサイト

2009/01/26(月) | 闘病録 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。